エリア情報

敦賀刀根PA 二和高等な話し付き

こんにちは、 二和運輸 タンクローリー U235U238です。
因みに今日は、刀根PAですが・・・ご存じのように何にもありません(笑)
休憩にはもってこいな場所ですが、その代わり取り柄もお店もありません。(自販機はありますが・・・)
ですから見なくてもいいですが、下におまけは載せておきました。
今日は、少し楽をさせていただきます。
では、書いて行きます。

今回の御題
敦賀 刀根PA 見なくてもいいかも 休養地 二和高等な話し付き

P_20180214_081624_vHDR_Auto.jpg

因みに止まりやすいパーキングエリアではあります。
何も無いところが、私達にとってはいい所だったりします。
鳥も囁き、自然豊かないい所ではあります。
因みに私の乗る タンクローリー の色もこんな感じで似てますね(笑)
雪も多いですから、スタックだけは気をつけて下さいね。

1.上り・下り

場所はこちら
〒914-0313 福井県敦賀市刀根37号 村上 10-4
0120-922-229(上り)
上り線(米原方面) 編集
駐車場
大型 10台
小型 30台
トイレ
男性 大2・小3
女性 5
車椅子用 1(オストメイト対応)
自動販売機
下り線(福井・金沢・富山・新潟方面) 編集
駐車場
大型 10台
小型 30台
トイレ
男性 大2・小3
女性 5
車椅子用 1(オストメイト対応)
自動販売機

2.脳について

一応、読んでくれた方のために何か書いておきます。
因みに刀根の様なPAに立ち寄られて、腰とか痛くないでしょうか?
これは、私が言った訳では無いですが。
脳というのは、体のエネルギーの半分近くを消費する臓器だそうです。
なのでこの臓器は、ストレスが溜まると別に逃がそうとするらしいです。
因みに昔、胃潰瘍が多かったのですが・・・最近少なくなったそうです。
何故でしょう?
それは、脳が胃潰瘍の情報を学習してしまったのが原因という方がいます。
それで今増えているのが、ヘルニアらしいのです。

Screenshot_20180214-195441_1.jpg

腰が痛い時調べると、骨や椎間板に異常が見つかるそうです。
その骨が形を変えて痛みを出しているとするなら、24時間ずっと痛いはずなのに。
何故か痛くない日もあるのですよね?おかしいと思ったことはありませんか?
逆に骨に異常あるのに痛くない人もいたりするのです。
おじいちゃんやおばあちゃんは背中曲がっているのに、痛いと言わない人もいて元気なのですよね。
何が言いたいのかというと、脳はストレスを感じる位なら痛みを出してごまかす臓器だということらしいです。
脳にとって身体が痛くて動いてくれない方が、頭に栄養が回ってきてラッキーという事らしいです。
なのでストレスが溜まると、胃や腰や肩や膝が痛くなるらしいと偉い脳科学者達が研究していると聞いたことがあります。
因みにためしてガッテンによると、椎間板は無罪だそうですよ。

3.脳ってずるいのよ

話変わりますが、喘息のある人が夜になると咳き込んでお母さんに背中さすってもらう人が居たらしいのですが。
学校の寮に入って夜中咳き込んだら、先輩に平手打ちを受けて夜喘息出なくなったそうです。
これを殴られるのが嫌で我慢してると取るか、実は脳が司令を変えたと取るかは人の自由なのですが。
これをどう捉えるかは別にして、脳は痛みを出してストレスの論点を痛みにずらし人を動かさなくなるという事があるという事です。
よく生活の厳しい方が一生懸命働いている姿を見ていると、病気になりにくいと感じたことありませんか?
脳は自分の栄養を確保する為には病気を抑えて脳も協力的になりますが、裕福な人だと栄養も何もかもがいつでも足りているので色々な所を痛くしてストレスをごまかし体を動かさないようにしてその栄養を脳に持っていこうとするよと言う話です。
結論ですが、人はある程度脳に支配されてますよという話でした。
因みにこれを読んだだけで、痛い所が消える可能性もあるのです。
理由を知るという事が胃潰瘍が戦後から現在にかけて減った理由になっているらしいです、脳は理由を判断したら対応されたら困るので、今度は他の場所を痛くするようになってるんだそうです。
これは、何度も言いますが私の話したことではありませんよ。
確かに私も腰痛持ちですが、これを知ったら最近は腰痛が全くでなくなりました。
風邪も引かなくなりましたから、病は気からとは本当なのかも知れませんね。
後癌ですが・・・ストレス食生活が関係してるらしいですが、癌は細胞異常なので脳の制御の範囲外だそうです。
とにか普段のストレス耐性をあげること、これが大事な事なのです。
それは物事を勉強して経験を積むことでストレスを回避できるところもあるのです。
言うことを聞いて耐えろという意味ではなく、周りの環境に自分から柔軟に合わせ。
知識と道理を知っていれば、怒ったり・泣いたりが少しは減るはずです。
では、いつも見て頂いてありがとうございました。

HOME

スポンサーリンク

-エリア情報

Copyright© タンクローリーにわっ! , 2020 All Rights Reserved.