日記

二和 朝の公園 ムスカリ ユキヤナギ

おはようございます(書き終わる頃にはこんにちは)、春の早朝の公園に居るU235U238です。
因みに私は、大体毎週早朝にある公園に来ています。
理由は・・・恐ろしい企てがあるからです。
Screenshot_20180317-195522_1.jpg
赤紙です、はい意味はありません。
因みに昔は、こんな紙切れか爆弾降ってくる時代がありましたね。
戦時中、花を作るなんてけしからんとか言われてたでしょうが。
花を見て当たり前と思うのではなく、平和なんだと考えて見てほしいですね。
では、今日は花の話です。
ゆっくり見ていってね!

今回の御題
二和 朝の公園 ムスカリ ユキヤナギ タンクローリー

色々な花が世界にはある訳ですが、花の色にもそれなりに意味がある事は知っていますでしょうか?
菜の花は小さくて沢山咲くので、虫に効率よく回ってほしい。
黄色は、アブとかに見えやすい色になっているようで・・・アブはフラフラ色々な花に立ち寄るので。
効率よく受粉してもらえるというわけです。
なので、花もそれなりにターゲットを持って集客している訳です。
紫なら藤の花が有名ですが、紫にはクマバチの様な蜂に見えやすい色になっている訳です。
因みに昆虫には、花の色がしっかり見えている訳では無いようですよ。
色の紫外線に反応して飛んできているわけです。
人間っていいですよね。

1.ムスカリ

P_20180318_064845_vHDR_Auto.jpg
ムスカリです、今日撮影しました。
早春を語るならこれと言うくらい、ポピュラーではありますが。
これが沢山咲いていると、そのインパクトはとんでもない威力になります。
因みに、ブドウヒヤシンスの呼び名も頂いています。
花言葉は、寛大なる愛、明るい未来、通じ合う心、失望、失意と、まるで正反対の意味がありますね。
未来は明るいぞ!

2.ユキヤナギ

P_20180318_064912_vHDR_Auto.jpg
これはユキヤナギ、これも朝の公園にて今撮影しました。
手をかけないでも育つ花みたいで、結構お見かけしますね。
これも、3月から5月くらいにかけて花が咲きますね。
自生種は石川県で絶滅危惧I類に指定されているなど、地域的には絶滅が危惧されているみたいですよ。
花言葉は、愛嬌、愛らしさ、賢明、殊勝、静かな思い。
静かな思いで今、私はここで座っています(笑)

3.最後

おじしゃん、何故ずっとブログ書いてるんですか?
たまに最近聞かれますが、タイトル見たらわかると思いますと答えてます。
因みに、広告も楽しみにして書いてますが・・・ははは、レベルがまだスライムレベルなのでまだまだ期待はできないですね。
私、勉強も好きなので見た事聞いたことも書いておきたいわけですね。
所謂、ある意味これはブログなんですよね。
私の私だけの物語、役に立つ事も今考えて書いてますが・・・まだまだですね。
まあ今は出来るだけ早く毎日書くことが、ブログとしての勉強だと思っています。
本当に平和な世界ですね、自分の主張をできる世界に乾杯。
では、いつも見て頂いてありがとうございました。
HOME

スポンサーリンク

-日記

Copyright© 二和運輸株式会社 大好き 愛知県名古屋市のタンクローリー , 2020 All Rights Reserved.