トラブル 学習 自己啓発

〇おっちゃんなりの英語学習のコツ

U235U238
U235U238
こんにちは、二和運輸でタンクローリーのブログを書くおっちゃん・・・ウランです。

今週日曜日より、家に閉じこもる予定ですが・・・そこで英語をさらりとやる予定です。

因みにおっちゃんなりの、こんなやり方だと面白いんじゃないか?

そんな事を少し話してみようかなと思っています。

何か勉強したいと思う方は、そのやり方をおっちゃんと考えてみましょうか。

おっちゃんなりの英語学習のコツ

1.先ず興味を持たないと難しいです

おっちゃんは先ずは何をするかと言うと・・・過去形の把握から始めます。

お前・・・単語もろくにわからないのに、そんな難しい事出来るわけないだろ?
ニャルラトホテプ
ニャルラトホテプ

良いんです、わからないならほかって置けばいいのです。

どうせしてる内に調べる事になるのだから、困った時に勉強すればいいのです。

英語圏では、何か現在形を多発してCANCAN言って無礼な感じしませんか?

おっちゃん言い切ります、それは間違いです。

おっちゃんは再帰代名詞から興味を持ちました、MyselfやYourselfに代表される文法なのですが・・・

i told myself(自分に言い聞かせた)と言う文法を見ると、toldはtellの過去形です。

この単語って過去形になっているから、過去の事を話してるか?(見方によれば言えますが)そうでは無いですよね?

英語圏の方は、過去・今・未来を時計的な流れで見る訳ではなくて・・・一つの空間として捉えるようで。

今と過去とを、haveで繋いで今に語るようです。

今とは限りなく鮮明で確かな事を言い、過去とは不鮮明で不確か(今は記録媒体ありますが、過去にはないですよね?)な事を指すそうです。

なので、英語圏では時制を落とすことで微妙な距離感を表すようなのです。

なので、向こうの方がwould等をよく使うのは、willを過去形に落とす事で一歩引いた言葉になっているのです。

なので過去形を使う事で、優しい回りくどい敬語の様な表現が出来るわけです。

そう聞くと、何か楽しくないですか?

おっちゃんなりの英語学習のコツ

2.コロウィの新しい話

何かね、今日ある有名な方がYouTubeで話していたのですが。

緊急事態宣言をしても、日毎のグラフが現在も止まらなくて。

病院関係者にかなり感染しているらしく、医者が1番気にしてるはずなのに何故なのか?

その仮説を立ててましたね、役に立つかもしれないので書いておきます。

仮説らしいですが・・・その場所とは洋式トイレらしいです。

勿論、他の菌も飛ぶ訳ですが・・・人間に今抗体のないコロナウィなら有り得るそうです。

蓋を開けた状態で水洗を流すと、その勢いは結構強いらしく。

クラスター化した粒子が、天井から壁に大量に散布されミストと化した粒子がある一定期間空気中に残る様です。

前トイレを使用した人が感染者だったなら、その空間はウイルスに汚染されますよね?

空気感染とか噂もありましたが、これを聞いて少し納得しましたね。

トイレ行かない訳には行きませんが、新幹線のトイレとか不特定多数の人が使うトイレは避けておくと感染を抑えられるかもしれませんね。

おっちゃんは、全然気にしませんけどね(笑)

おっちゃんなりの英語学習のコツ

3.最後

という事ですね、最後に英語の話をして終わります。

日本と英語圏には、未来形と言うものが無いらしいです。

ちなみに日本では、動詞に主語を使って表現する様ですね。

日曜日です。

これを・・・

明日は、日曜日です。

はい、これで未来を表現出来ました。

この様に、先生の話を聞いていると本当に英語って楽しくてもう少し努力しようと思えるようになりました。

過去形を極めて、回りくどい親父になりたいと思っています。

では、いつも見て頂きましてありがとうございます!

HOME



スポンサーリンク

-トラブル, 学習, 自己啓発
-,

Copyright© タンクローリーにわっ! , 2022 All Rights Reserved.