日記

高松ジャンボフェリー 乗船レビュー

こんにちは、二和運輸のキチガイU235U238です。
今回は、高松フェリーに乗った感想の話になります。
私は先月、小豆島に(長々書いてます、すみません)行ってきてその道中を今書いています。
たまに小ネタ挟んだりしてますが、基本一貫性のない記事ばかりだと自覚はしておりますが。
いいアイデアが出るまでは、このまま行きます!
1番問題なのは、何もしないことなので(笑)

今回の御題
タンクローリー 愛知 高松ジャンボフェリー 乗船レビュー

P_20180519_142721_vHDR_Auto.jpg
つきました、高松フェリー乗り場です!
因みにこのフェリーに、車を載せて小豆島まで運びます。
向こうにレンタカーもある訳ですが、やっぱり車あるなら持っていきたいですしね!
P_20180519_142707_vHDR_Auto.jpg
この橋で車を船に載せるわけですね、私こう言うのは初めてです!
因みにこの時お腹すいていまして、周り見回したらお菓子しかありませんでした。
乗合待ちばの中は、WiFiも使えて今時の仕様になっていますね。
料金は、普通車土日祝ダイヤで往復10290円(間違っていたらごめん)+燃料サーチャージ400円でした。
因みにこの日は、15:30出航が16:10位に遅れまして。
小豆島に着いたのは、17:30位でしたね。
積荷の関係で、船は遅れることが多いみたいです。
利用される方は、気を付けてくださいね!
Screenshot_20180609-180822_1_1.jpg

1.フェリーの乗り心地

待ちに待った乗船です、車は所定の場所で待っていると係員が誘導してくれます。
因みに、乗る時は全員車に乗ったままでもいいそうですよ。
私は車は任せて、一般乗客口から乗りましたが・・・
P_20180519_165407_vHDR_Auto.jpg
席も決して悪い訳ではなく、乗り心地もいいですね。
P_20180519_171405_vHDR_Auto.jpg
レディースルームもあるので、お間違えなく。
私は間違えた人です(笑)
この他にも、運転手さんの専用ルームや寝転がれる大部屋等があり。
下に引く御座も借りることが出来ます、いたせりつくせりですね。
P_20180519_171257_vHDR_Auto.jpg
P_20180519_171227_vHDR_Auto.jpg
P_20180519_171208_vHDR_Auto.jpg
船は素晴らしいですね、とにかく終始揺れませんでした!

2.へなもん?

P_20180519_165117_vHDR_Auto.jpg
外に出てみました、やっぱり海はいいね。
P_20180519_170937_vHDR_Auto.jpg
後ろを見ると変なやつが・・・
P_20180519_171113_vHDR_Auto.jpg
ヤノベケンジ作の「ジャンボ・トらやん」だそうです・・・
P_20180519_181521_vHDR_Auto.jpg
これ、後日また少し書きます・・・色々秘密がありそうです。

3.最後

如何でしたか?
因みに到着して、船から飛び出す時は胸が踊りました(笑)
P_20180520_183414_vHDR_Auto.jpg
さあ、5時をかなり回りました・・・旅館向かいますぞ、お腹も好きましたし。
旅館の料理、最高でした!
それも後日書くことにしましょう、ゆっくりゆっくり書いていきます(笑)
P_20180519_181954_vHDR_Auto.jpg
小豆島の初めてのオブジェを横目に、島の1番西まで向かいました!
では、また明日くらいにも何か書きますよ。
いつも見て頂いてありがとうございました。
HOME

スポンサーリンク

-日記

Copyright© 二和運輸株式会社 大好き 愛知県名古屋市のタンクローリー , 2020 All Rights Reserved.