テニス・スポーツ

テニス 練習中にグリップ抜ける 改装補習

こんにちは、テニス大好きU235U238です。
練習中にハプニングありまして、改造したグリップエンドが抜けました(笑)
一日は押し込みながら抜け切ったのですが・・・ついでにグリップの改装をすることにしました。
ウィルソンとヘッドではグリップ形状が違う為、手の中で転がってしまう事があったのですが・・・
グリップの厚さはどちらも同じですが・・・ウィルソンの方が幅が3mm程狭いみたいです。
所謂、ウィルソンは六角形の形に近いという事ですね。
本日はそれを直していきます、最近面倒くさくてショート版ばかりですみません(笑)


先ずはグリップエンド見てみましょう、見れば分かる通り・・・ウィルソンは六角形をしています。
とりあえず、グリップエンドを楔で止めていきます。
P_20190623_125722_1.jpg
ハンマーで楔を打ち込んでいきます、一本楔が折れましたが・・・気にしません。
打つ時はラジオペンチ等で楔を挟んで、徐ろにハンマーを振るいましょう(笑)
P_20190623_105718.jpg
1mmのバルサ材を用意して、幅を膨らませる為に2枚切りだします。
カッターナイフで簡単に切ることができます、真ん中の線は引き間違いです(笑)
それをサイドに、両面テープで貼ります。
P_20190623_124337_1.jpg
ぺたっと・・・
P_20190623_124616_1.jpg
ぺたぺたっと・・・
P_20190623_124625_1.jpg
そして元グリップテープとグリップテープ巻き直したら、完成です。
P_20190623_125350_1.jpg
どうですが?大体同じ幅になってますよね、測るとなっているのでいいとします。
明日もテニスしますからね、直ぐに直せてよかったです。
そして扁平足サポーター、良いですね。
テニスする時は、矯正のため着けるのは有りです。

と、言うことで昼寝します(笑)
今回はとりあえずここまで!
HOME

スポンサーリンク

-テニス・スポーツ
-

Copyright© 二和運輸株式会社 大好き 愛知県名古屋市のタンクローリー , 2020 All Rights Reserved.